2018-19.  7月11日 釣れなくなった鬼怒川N沢は

..
この鬼怒川支流を発見したのは2007年の事だった、下流部
を橋が渡っているのだが入れない壁だ。
回り込むのは牧場の策つたいで、牛に挨拶しながら進み急
斜面を降りるのだった。



そんな場所だから典型的な人の入らない岩魚釣り場への
遭遇だったのだ。

細く緩い流れ、小滝も無く落ち込み段差も10cm程度、し
かし日記を見返ると26.5cmを釣っていた。

ああ、だがしかし翌年には沢が崩れて流れ込み埋まって
しまった。



その為にその上流を開拓するのが自然の成り行きで、N沢の
本体の渓流を知ることになったのである。

で、9月9日には見事な泣き尺を釣ったのでした。


 


毎年のように通っていたのだが、2013年ころには上流域
も本体の沢が崩れだした。

その為かイワナが少なくなってしまった。
大雨が降るようにもなって、経年と共に渓流が釣り場が変
わってしまう。

 


それと共に自分も経年変化を実感するようになって、実績
ある渓流へ足が届かなくなっている。

何だか想い出話が、川の経年と自身の経年に及びまして
暗くなりそうな。





うんにゃ、まだまだがんばるぞ、岩魚42年でも新規開拓
もこなしているのだから。
小沢だけどね。



次はなんとかイイ画を良き動画を見せたいもの、なんて
気持ちがしております。、

        18年度メニュー