2018-12.  5月25日 開拓のK沢、日光

..
先ずは大谷川の支流へ行ってみる、数年前に入渓個所が
在る事を確認はしていた。

今日は暑くなるそうだが朝は5月の気持ちよさ、知らない渓
流に入るのがなんとも楽しい事ったら。

新緑は真緑になってトンネルとなり、渓流へと誘われる。

 

流れに出た、下流の小川という感じの砂地でお魚さんは
居ないようだ。

石垣の上をへずって上流へ行く、大きなプールで行き止
まり。
✖此処は駄目、次へ行きましょう。

 

移動K沢

このK沢はお魚さん情報が全く無い、そんな未知の川も案外
愉しみです。

それでもH500m以上でほどほど流程があれば可能性はあ
るのだから。

水質が悪いのは「スッカン沢」と「シラン沢」くらいで、あとは水
が涸れてしまう場合だろう。

 

10:30 林道に止めてK沢に入る、良さそうな流れだ
が全く何事もない。

30分で諦めて上流へ移動、たまに車が登って行くが
何処へ行くのやら。
我ももう少し登ろうではないか。




次に止めた車の前に真っ赤な花、こりゃ動かすときはバック
しないといけません。
花はクリンソウに違いない、訪問を歓迎してくれている?。

ここのゲートはしっかり役目をはたしておる、壊れてしまって
るのが意外に多いのだよね。

 

果たして岩魚、いやイワナでもワナサイズでも釣れたら
いいけどね。

10:40 やっとイワナが一匹、知らぬ沢で居る事が証明
出来て嬉しい事この上なし。



この小さな沢を選んだのには訳が、近頃では週一の渓
流が厳しくなってるような。

そんな事もあり14:30には引き揚げてきました。

尺岩魚の実績渓、D沢・E沢・水明上流などへは行く気に
ならなくなっているのだ。





余談ですが
そう、早めの引揚げの大きな訳は今夜の井上尚弥
のバンタム級、3階級制覇。
これはナマで見ないといけません。

結果:1ラウンドKO勝、予想と希望がマッチGoo.



ここはなんだか気持ちの良い渓流だった、是非とも
近いうちにもう一度訪れようと思う。

次の日記⇒6/01.K-Ⅱ

        18年度メニュー