2017 渓流釣り-1
2018-11.  5月17日 日光三度目のJ沢

..
3月28日に訪れて黒い大物と遭遇した、それが脳裏に
焼き付いていて5月6日に再訪した。

黒い大物には無視されてしまったが、他のポイントで尺
岩魚と出くわしたのだった。
5月12日には新規探索したがちいサイズばかり、やっぱ
り大きいの釣りたいやねエ。



なので今回は大物に的を絞ってのてんさんらしくない釣行
、ならばらしいとはドー言う事なんじゃ。

①大物の淵のは出てこない、⓶岩のトロ場のは一回り小
さいのが居たが毛ばりを無視。

③石の隙間に隠れた狭いポイントでは、見つけたが察知
されたらしく隠れてしまった。

やはり思うようには行かないのが釣り、それも楽しいと負
け惜しみ。

 

なので何時ものように気楽に適当にテンカラりん、釣
れればいいのさどんなんでもね。

途中で気が付いたが、3人分と思われる足跡がクッキ
リありもうした。

そのせいか暫くはまるで釣れない、珍しくオダンゴって
事もあるまじろ。


 


なんと9時には雨が降ってきた、ここで御仕舞って訳に
はいかないし困った。

30分くらいで雨は止み、ベテランのてんから爺さんぼち
ぼち釣れてきましたぞ。

だけどイワナ未満のワナ君だよなァ、釣られた後の2番
手だよね。





何匹釣れたのか、爺さんは5匹以上釣れるとはっきりし
ないのだ。
いや若い頃から数は覚えていないそうですよ、カメラで
確認すると7匹釣ってるから数はいいでしょう。

そして最後にもう一匹追加した、漢字で書ける岩魚さん。



結局に楽しい「てんから岩魚釣り」だけど、まだ大きい
のが居るにはいる。
また訪れることになるのかどうか・・・。

     次の日記⇒5/25開拓

        18年度メニュー