2017 渓流釣り-1
2018-10. 5月12日 日光で新規探索 AG沢

..
7 8 9 と3日間の雨なので2日の間を明けてのお出かけ
だ、それでも増水が心配なので考える。
そう、こんな時は以前見つけた小さな沢へ行って見ましょ。

新規開拓”というほどの期待はできない小渓なので、探索
としましたぞよ。

ちなみに15年16年の鬼怒川G沢とは別もんだかんね。



このAG沢もM沢同様に入渓は楽だ、それはいいがそ
の分だれでも簡単に入れるから期待はいまいちだなァ。

とはいうもののこんな沢で幾つか釣れたらそれでバン
ザイ、って気持ちである。



そんな謙虚なてんから爺さんに、釣れてきたのは15cm
ていどのイワナ未満ワナ君でした。

でも、こんな綺麗な沢で初めての渓流でイワナが釣れた
のだから、楽しみに進もうではないか。




次に釣れたのもワナ君だが1cmほどは大きくなった。

それでも増水なのにまるでニゴリは無し、そして今は
新緑が山中に登ってきて輝くほどに美しい。

素晴らしい世界のただ中にいる幸せ、・・・。




何匹か釣って登ると、流れのなかに青い物があるぞ。
こんな所に捨てたのかPボトル、ポカリだが中がそれらしく
少し白っぽい。

手にしてキャップを回すと「ポキッ」っと密封解除音がした、
落とした釣り人さんありがたく頂きましたよ。っでその日は
釣れましたかねェ。





この増水の引き際にチャンスがあるだろう、あの大物
を釣り損なったJ沢とW沢はどうだろう。
しかし次のローテーションでは平水に戻ってるかもし。

そう言えば大谷が明日の月曜日にピッチャーローテに
なっている、今年は珍しくベースボールを見ているのだ。



この花は日光キスゲでしょうか、マジカで見た事が無い
ので確信ができない悲しさです。

     次の日記⇒5/17J

        18年度メニュー