2018-9. 5月06日 黒き大物に、鬼怒川流 J沢

..
3月28日に入っていて「尺オーバーらしき岩魚を」」と書いて
いる、素晴らしく真っ黒な大きな岩魚が居た。
間をおかずに挑戦したいと思っていたが、他にも行きたい所
が在るのだからして。

今日は日曜日だが連休の最後とあって車は極少ない、こん
な景色って初めてのような。




道路は6時10分前の真岡から下野・壬生方向、空っぽの
ファミマは壬生への352号線石橋工業団地店。

お蔭でスムーズに日光今市方面でしたが、林道に入ると釣
りらしき車が停まっていた。

となると先客の心配はいつもながらの事でありまするが、
その車止めに車は無くてホットした。



8時に入渓

2日前には雨があったので増水引き始めを期待したが、意外
にも減水しておったぞな。

支流で一匹釣ったが本流にはクッキリした足跡が一人分、今
日ではないとしても昨日だろう。

減水と足跡は強敵だわさ、だってさ、いつも何匹かイワナが居
るポイントにひとつもおらんぜよ。



それでも今回は目的がはっきりしている、あの黒き大物
への挑戦。

なぜか居ないかも、とは思っていない。
それは居ると想定しての用心接近でなければ隠れてしま
う、それゆえの黒き大物だから。

前回も、見つけてアプローチの為の静かな移動なのに消
えてしまったのだから。



っと言う事は、今回も居ても釣れないで終わる公算
が強いのでは・・・。

その通りでした、あの大物らしきが居て静かに毛ば
りプレゼン。反応せずに静かに姿を消した。

やはり苦戦でオダンゴも覚悟した、本流での一匹目
は11時を回っていたのだから。、




あの大物への挑戦は諦めましょう。
だがしかし別の大型岩魚を発見した、左画の中央の
石の下に逃げ込む真っ黒もの。

更に大きな岩の間の瀞場に、斑紋がはっきり見えた
こげ茶の尺岩魚。

これはどちらかは何とか成るのでは、やはりもう一度
再々挑戦に行くしかあるまい。


尺岩魚が居た変な場所2か所


イワナって変な場所に好いのが居るんですよね、
それも岩魚狙いの面白さに他ならず。



再々挑戦が何時になるのか、多めの雨を待って
その引き際に訪れるのが良かろう。

     次の日記⇒5/12G

        18年度メニュー