2018-7. 4月10日 雨後期待、箒川支流P沢

..
本当は20日21日が夏日真夏日になるらしいが、
少しの雨の翌日って良さそうでしょう。

前回の8時出発ではなく、準備万端の5時出発は
期待が膨らんでパンパン。



筑波山近くのルートで行くと霞たなびく男体女体、
美しいでは御座らぬか。

前回はアプローチが要らない直ぐ釣り場だったが
、今回のP沢は1時間ないし場合によっては2時間
歩く。

それだけに昨年5月には13匹、バラシを足すとダ
ブルつ抜けで遊んでくれた。



車を止めて支度して嫌な感じ、ゴミが散乱していた。
1時間ばかり歩いて流れを見てみると、砂地に足跡が
あった。嫌な感じだがこれは仕方ない。

最近何人かで入っているような、釣れないかもしれない
ぞ。

更に30分くらい歩いてから竿を出した、以前尺岩魚を
バラシたポイントだ。
静かにフワリとてんからを打つ、2度3度・・無反応なの
で前進。



次の落ち込みでも無反応、少し歩こうと竿を収めたが
「竿の栓」が無い。ポケット全部を調べたが無い。
戻って探したが見つからない。

諦めて釣りに専念する、しかしお魚さん来ないで足跡
だけはしっかりある。
幾つかは釣れたがそれは動画をドーがよろしく。

ヒラタケ発見、キノコは怖いがこれは間違いないのでは
ござらぬか。



渓流42年で初めてキノコを持ち帰ることにしたのです
よ、大丈夫か?。



今日は幾らか早めに終了、こんな時は粘ってもダメでし
ょ。

気になるのは「竿の栓」だ、場所はバラシポイントだから
行って見る。しゃがんで探す。★在った!!。
.

見つけた時の画像
何と嬉しい事でしょう、無くて元々と諦めていたのに。




今日はかなり疲れてしまった、P沢は暫く期待できないか
も知れません。
次はどこいこか。

      次の日記⇒4/27NC

        18年度メニュー