2018-6. 4月10日 初夏の山岳渓流の如きM沢

..
朝晩は寒さがもどっていたが2~3日には又暖かいそうな、
ならば近々行けるかな。
今日は火曜で7時半に外へ出てみる、綺麗な青空で昼に
は暖かくなるという。

こりゃ出掛けないと後悔後に立たず、って事になるんでは
なかろうか。8時出発せり。




しかし今からではどこへ行くにも11時は回ってしま
う、流れを見ただけでおしまいになるやも知れず。

ボケ爺さんは試案する、歩かないで入渓出来る渓
って・・・ありました。昨年見つけた日光M沢。

40年も渓流やっていて昨年見つけた岩魚の沢だ
わさ。



そういや箒川B沢も一昨年の発見、だからハマってし
まって抜け出せないのが岩魚釣りである。

問題は標高の高めな山岳的渓流、いくら暖かくっても
早すぎるのではないだろうか。
岩魚が居ても水が冷たいうちは出ないかも知れない。




そう思いつつも、40年の経験がものをいうかも知れん。
などと勝手な自信をわずかに秘めつつM沢に向かうので
ありました。

11時23分入渓、そして11時32分に素晴らしい岩魚が
釣れてくれた。



最近は小さい沢に入る事が多いが、このM沢も特に
小さい沢だが透明度は抜群。

特に険しい所も無い綺麗な渓流で、幾つかの岩魚が
遊んでくれる癒しの小渓流である。.




今日は行程の半分くらいで引き揚げた。
暫くはここを離れよう、それでも夏にはぜひともまた訪れ
る事になるでしょう。

       次の日記⇒4/19P

        18年度メニュー