2017 渓流釣り-1
2018-23  8月1日 那須塩原B沢イワナと〇〇苺

..
前回は新規開拓ならず、滝に阻まれたのは2回目だ。

ならば実績のある渓流へ行きたい、ってのが人情で御座る。

台風の影響で鬼怒川方面は増水だろう、那須方面にしましょ
うね。他にも理由があるのだから。



車止め途中の林道に新しいわだちが踏まれていた、先行者だ
たら移動しなくちゃならんけど・居なかった。

ほっとはしたが昨日のものだろう、釣られてしまっただろうか。
渓流脇の大石には蜘蛛の巣が、この時期のやっかいものだ。

そしてポイントとなる石の間には、張られた蜘蛛の巣が払われ
ていて釣られた証拠である。


 

渓相が素晴らしいB沢だが、すべてのポイントの端っこ
だけに蜘蛛の巣が残っていた。

釣れるイワナは釣られた後の2番手ばかり、イワナ未満
のワナ君ばかり。

 

4匹目にやっとイワナと呼べるサイズがお出まし。


シューズの話になりますが、以前は2時間も平気で歩けたので
フェルトは履かなかった。

歩いても平気な特価品のウオーターシューズを使う事が多かっ
たのね。
昨年のブロックスウェーダーは少し重いのと、膝から水が入って
しまう。




2014年には阪神素地のハイカットを買ったが、全体が水を吸って
重くてしゃーない。一回で没。

今回のリトルプレゼンツは14.000円もしたが、結構いけます。


さて、那須塩原を選択した訳は釣り場”というよりもエビガライチゴ
がそうさせたので御座る。




「イワナと〇〇」はどうなったのでせう、どーかどーがでご覧く
ださいまし。




来週であれば台風増水が治まって、鬼怒川方面が良いので
はと思ってますがどでしょね。

     次の日記⇒8/14P


        18年度メニュー