2017 渓流釣り-26 探索2
2017-26   11月02日 いわな沢探索リベンジ




「プレバト」に結構はまっておますがもちりん俳句コーナーです、夏井
せんせが素人相手に馬事雑言で切り落とす。
おもろい!、けど中には素人なればこその好いのがあるでしょ。

たまにでよいから「凡人」の上に「それなり」のランクで俳句の決まり
事と離れた評価があってもよいのでは那珂廊下。*/真面目



前回は偶然にイワナの居る小沢に遭遇した、小さい流れだから
釣りになるかどうかはともかくとして。でも嬉しい出会いだ。

しかし地図で調べてもどの沢だったのか分からない、現地でスマ
ホのGPSを試みたが表示不能だったとさ。

そこで今回のリベンジ再調査!、今度は左右の景色をもデジカ
メに撮りつつ後ろの景色も自分の影も確認しつつ。


  
靴も新調             紅葉                傾斜の笹原

しかしそもそも20分程度の歩きで前回とは違った場所を歩いて
いるような、それでもその先で流れの音が。

小さな沢に出た、けれどもあのイワナの小沢とは違ってる。
近くにしゃがんでランチタイムとして静かに流れを監視するが、
動くのは枯葉だけわくらばだけ。

やっぱりこの沢ではおまへんじゃ。



これは困った、これから何処へ向かえばよいのやら。
地図を見てもさっぱり参考にもならしめへん、少し戻った方が
よいかも知れない。

そして考え方を変えてみよう、地図を見ると右方向に気持ちが
向く。そちらの先には沢があるから、でも思い切って左へ向か
ってみようではないかいな。

どちらへ向いてもササと林の景色に変わりはないけんど。

 
向きを改める

すると沢が在りそうな地形に、前回も途中で小沢をまたいで
進んだっけね。
又すると、その先の下りで沢音はっきり。
そして流れがくっきり。

位置が違ってもあの沢に違いないと思えたもんだ。

 

地形から、同じ沢だと確定するには上流へ行くのが良かろう。
案の定、イワナを見付けた場所までたどり着いたのでした。

イワナの姿を動画で公表したい、と狙ったのだが浅いために
敏感に逃げてしまう。枯葉を踏む音に隠れてしまう。

撮るには撮れたが発表できるものはあらず、ごめんくさい。


追加画像 動画は岩魚が動かないので切り取って
みました

 
イワナイルカいる

今回は左へ向かって沢に出た事でほぼ場所が分かって
きた、その下流が知っている沢に出る筈だから。

そうなれば帰路も間違う心配はない筈で、太陽の方向を
確認しつつ歩くのでした。

新緑も気持ちがいいけれど、秋の山の中もそれはそれは
いいもんです。


何匹かのイワナの中に後から出てきた黒い岩魚、
あれは漢字サイズだな。

      次の日記⇒11/24秋、オフ散歩

 17年度メニュー